リスクが高い自己破産

自己破産をすると生活必需品以外の全財産が没収されます。もし、家や車が財産にあった場合は破産管財人によって競売にかけられるか任意売却されることになります。

しかし、買主が見つかるまでは住むことが可能なので、すぐに家を出なければいけないというわけではありません。家が賃貸の場合は「借家人が破産した場合には、家主は解約を申出ることができる」と民法で定められています。

しかし、破産したことが家主に知れ渡ることは少ないようです。生命保険の解約返戻金や退職金の一部も債権者へ配当されます。

また、特定の職業は資格喪失になる可能性もあるので自己破産のリスクは高いと言われています。

自己破産をする前に債務整理をしましょう

多額の借金がある方の多くに執拗以上の取り立てに遭い、精神的に参ってしまう方が多いです。そんな方は、自己破産を選択肢の1つにする方もいますが、自己破産をする前に借金相談を弁護士に行い、債務整理をしてください。任意整理などの手続きをすることで、返済プランの変更や借金の減額などが出来るので、借金の完済をすることが出来ます。自己破産をすることで借金を免責に出来ますが、私生活でもペナルティーを受けることになります。債務整理は、私生活でペナルティーを受けないで済むので、完済すれば普通の生活を送る事が出来ます。

司法書士に自己破産の申請をすると住宅は

司法書士に自己破産の手続きを行ってもらうと、住宅を所有している場合、それも処分の対象となってしまいます。ローンが残っている場合には、ローン会社に処分、換価されてしまうことになります。もし、ローンが残っていない場合でも、高価な財産となるため、処分の対象となってしまいます。

もし、維持したい場合には、住宅を第三者の方に時価で買い取ってもらってそれを借りるという方法と、司法書士の方に個人民事再生という債務整理の方法を検討する必要があります。

また、処分をされた場合、競売と任意売却という二つの方法があり、どちらの方法をとるかによっても対応が変わってきます。

自己破産に至るまでに借金相談する

そろそろ自己破産をしないといけないかな、という時点で借金相談をするという事もできますが、それよりももっと早い時点で借金相談を行っておく事によって、自己破産が回避できるケースもあると考えられます。

何かの事情があり突然自己破産になる場合であれば、その時点で借金相談をする様にしましょう。しかし、だんだん自己破産が近づいていると感じた時には、借金相談をするのは早い方がいいでしょう。

自己破産に至るまでに借金相談する事ができればいいですが、どの程度の深刻さとなればこの様な手続きが必要であるのかという事は、分かりにくい事もあります。くれぐれも自分で間違った判断がない様にしましょう。

任意整理、債務整理、過払いを大阪で相談する法律事務所なら

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階

JR大阪駅すぐ。阪急梅田駅、阪神梅田駅、大阪地下鉄梅田駅、西梅田駅、東梅田駅 近く

TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 【HP】

https://www.kabaraikin.com/ 【過払い金ナビ】

https://www.shakkin.net/ 【債務整理ドットネット】

https://www.jikokaiketsu.com/ 【交通事故解決ドットコム】

https://www.bgata-kyufukin.com/ 【B型肝炎給付金ナビ】

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階

JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041